年金保険は私的

一般に年金保険という場合には、国民年金や厚生年金などの公的年金ではなく私的年金のことをさします。
公的年金は釈迦保証制度の一環なので、政府が主として運営しているものですが、私的な年金保険は民間の金融機関が運営しています。
ですから、個人が保険会社などと契約を結び被保険者となり保険料を支払います。
公的年金に比べると社会情勢の変化の影響を受けるなど、リスクは高くなります。
しかし、被保険者の必要に応じて、さまざまなタイプのなかから選ぶことができ、それぞれの将来に備えることができるものです。
終身型のもの、期間が限定されているもの、定額のもの、変額のものなど、それぞれメリットもデメリットもあるので、契約に際しては慎重に選択することが大切です。